FC2ブログ

Manzanilla

図書館戦争への愛と妄想が暴走した二次創作ブログ ネタバレ有りにつき要注意!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Sweet Torture ~next day~】

「手塚、何した!?」
という疑問が多かったので、後日談でもw

それでは追記からどうぞ!

【Sweet Torture ~next day~】
手塚+郁+α


「で、一体何したのよ?」
食堂で溜息混じりに質問する同期を、手塚は恨めしそうに睨んだ。

「俺がっていうより、お前がだ!」
「はあ!?」
郁は思わず目をむいた。

「何で奥多摩で怪我したこと、あいつに言うんだよ!俺、言うなって言ったよな!」
「あたしが柴崎に隠し事できると思うな!」
「胸をはるな!」
「どーせ、遅かれ早かればれたよ。そもそもは格好つけて言わなかった手塚が悪い」
そう指摘されて手塚はうっと詰まった。
今回の怒りの原因は主にそこだからだ。

「でも、それって一週間前だよね。なんで今まで...」
「それが『初めて』じゃなかったからな」
手塚は苦笑しながら漏らした。

あのメニューは、今までの鬱憤を纏めてぶつけられたようなものだったらしい。

自分の事は大概一人で解決できるから、大した事はないと判断して話さなかった事を次々列挙され、
「言わなくても知ってるじゃないか!」
と反論したら、
「あんたの口から直接聞きたいの!」
と泣かれた。

そこまで聞いて、郁は頬をふくらませた。
「それ、あたしのせいじゃ全然ないじゃん!」
「半分以上はお前の口から漏れている」

不貞腐れたように顔をそらした手塚の額に、郁はえいっとデコピンを一つ食らわせる。

「まあ、なんとなく気持ちはわかるかなあ。柴崎はさあ、手塚に甘えて欲しいんだよ」
「そうか?」
「小さいことでも二人で話し合って解決していくのが夫婦ってもんじゃないかなあっと...痛っ!!!」

突然、郁の頭に拳骨が落ちた。
見上げれば、その夫で上官が眉間に皺を寄せ、その横では小牧が面白そうに笑っている。
郁は堂上が隣に座るなり噛み付いた。
「いきなり何するの!!」
「うるさい!お前が言うな!お前が!」
「何で!」
「じゃあ、聞くが。この間、不審者取り押さえる時に足捻った事、黙ってたのはどこのどいつだ!」
「あんなの怪我のうちに入らないし!」
「防衛部の奴に酷い言いがかりつけられた事は?」
「だって、篤さんに言うって事は上官に報告するのと一緒だもん。大げさにしたくなかったし」
「アホウ。プライベートと仕事はきっちりわけるわ!!」

怒涛の勢いで始まったいつものやり取りに、小牧は手塚の肩をぽんと叩いた。

「まあ、要するにああいう事なわけだ」
「俺、何となく分りました」

昨日の晩に必死に謝り倒して何とか妻の機嫌はとったつもりでいたが、本当の意味で怒りの原因を理解していたかといえばそうではない。
堂上夫妻のやりとりを見て、漸く納得できた。

今日はあいつの好きなケーキでも買って帰って、そして、ゆっくり話をしよう。
手塚はすっきりとした表情で顔をあげた。

いつの間にやら夫婦喧嘩は終了し、堂上夫妻激甘劇場へと移行していた。

顔、あげるんじゃなかった。

手塚が砂を吐きたくなるほどに後悔したのは言うまでもない。

fin

小さな地雷踏みまくって、塵つも状態w
積もった先がバレンタインでしたw

柴崎と手塚は、なまじ優秀なだけに二人とも何でも一人で解決しちゃいそうで、
そういうとこからの擦れ違いもあるよなーって感じに。
お互いに意地っ張りだしなあ。

この話、郁と手塚だけの筈だったんですけどね...堂上は呼ばなくても勝手に来ます(笑)
いいタイミングで郁ちゃんの後ろにいますw
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/16 22:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/18 10:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

黒ねこ時計 くろック D03

いま何時?

ガンダム名言録

カウンター

プロフィール

黒猫又かつえ

Author:黒猫又かつえ
『図書館戦争』シリーズへの萌えと妄想が暴走した挙句、二次創作に手を出し、とうとうブログまで開設
家族にはナイショの隠れオタク主婦

サイト名はスペイン語で「カミツレ」のこと

ご意見ご感想は、拍手でもコメント欄でもメールフォームでもお好きな所からお気軽にどうぞ!

リンクフリーです。貼るも剥がすもあなた次第ですが、連絡いただけると小躍りしますw

最新記事

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram

blogram ランキング参加中

blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。