FC2ブログ

Manzanilla

図書館戦争への愛と妄想が暴走した二次創作ブログ ネタバレ有りにつき要注意!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Sweet Torture】

一日遅れのバレンタインSS

バレンタインなのに甘さがない、とか色々不憫なのは仕様です(爆)

それでは追記からどうぞ!

【Sweet Torture】
手塚+柴崎 結婚後




俺、一体何をした?

テーブルにところ狭しと並べられたメニューに手塚は思わず凍りついた。

強張る身体を何とか動かしながら時計に目をやる。
カレンダーは間違いなく2月14日を示している。

バレンタインデー。この国では一般的に女性が男性にチョコを贈る日...の筈だ。
なのに、これは一体。

恐る恐る妻の方を向く。
黒髪の魔女が鉄壁の微笑みを浮かべて一言告げた。

「言っておくけど、お残しは許さないから」

手塚は改めて絶望的な気持ちでテーブルを眺めた。

そこに広がるのは、何処もかしこも黒っぽい代物。

繰り返すが、今日はバレンタインデーの筈だ。
これがチョコであれば、まだ救いようがあったものを。

テーブルの上に並ぶのは、善哉におはぎに羊羹などなど。
要するに餡子モノばかりだ。
向こうで湯気を上げている白い饅頭もおそらくあんまんに違いない。

これは、嫌がらせか?嫌がらせだよな!!

関東図書隊期待の若きエリート、特殊部隊所属、手塚光三正。
彼が実は餡子モノを苦手としていることは意外と知られていない。

「あ、麻子さん。夕飯は?」
いつもは呼び捨ての妻の名を思わず『さん』付けで呼びながら手塚はおずおずと伺う。
「それよ」
妻はテーブルに並ぶ、甘いにおいを漂わせるそれらを迷わず指差した。

いや、これは夕飯って呼ばないと思う!
せめて...

「普通はチョコ...だよな?」
「あるわよ。そこに」

指差された方を見れば、テーブルの隅っこに見覚えのあるパッケージ。

チロルチョコ...一個。

それもコンビニサイズではない。
駄菓子屋仕様、一個10円の奴だ。

「な、なあ?俺、何かしたか?」
「さあ?自分の胸に聞いてみたら?」
「それが分からないから聞いてるんだけど」

手塚の一言に、妻の片眉がキッと上がった。

怖い。良化の特務機関なんて目に入らないくらい怖い。

「すみません。教えてください。おねがいします」

最敬礼で頭を下げた手塚に魔女はトドメの一言を放った。

「いいわよ。ただし、全部食べたらね」


翌朝、特殊部隊事務室には若干青い顔で胃の辺りを押さえる手塚の姿があった。

「どうしたの手塚?」
「...まんじゅうこわい」
「落語?」

fin

麻子様最強伝説でした。
っていうか、何した?手塚ww

ちなみに...Tortureの意味は「拷問、拷問にかける」(笑)

えーと、夫婦喧嘩すると夕飯を旦那のキライなメニューにしたくなるのは私です(爆)
我が家では「ハヤシライス+ポテトサラダ」がこれに相当w
美味しいのになあ(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/15 13:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.02/16 06:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.01/30 18:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

黒ねこ時計 くろック D03

いま何時?

ガンダム名言録

カウンター

プロフィール

黒猫又かつえ

Author:黒猫又かつえ
『図書館戦争』シリーズへの萌えと妄想が暴走した挙句、二次創作に手を出し、とうとうブログまで開設
家族にはナイショの隠れオタク主婦

サイト名はスペイン語で「カミツレ」のこと

ご意見ご感想は、拍手でもコメント欄でもメールフォームでもお好きな所からお気軽にどうぞ!

リンクフリーです。貼るも剥がすもあなた次第ですが、連絡いただけると小躍りしますw

最新記事

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram

blogram ランキング参加中

blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。